Apollo96

地球の月から文化共有。音楽、映画、文学、旅、幅広い分野を紹介します。時々創作活動も。

地球の月から文化共有。音楽、映画、文学、旅、幅広い分野を紹介します。時々創作活動も。

《書いた人》メラー

サイケに日本を圧巻されたい。

King Gizzard & The Lizard Wizard 幾何学模様 Kikagaku Moyo TOY Fever The Ghost Moon Duo Wand Vinyl Williams Earthless BROTHER SUN SISTER MOON 昨年の年間ベストアルバムの並びに黄色い変な鳥のジャケットの作品を目にした方も少なくはないのではない…

2018年のよく響いた音楽、まとめ by merah

前の記事 この記事では今年のよかった新譜、曲をざっくりジャンル?、聴く層ごとにコメントなどつけつつ紹介していきます。 シューゲイズ好き必聴アルバム エレクトロニカ おサイケデリア フォーク、ポップス、シンガーソングライター系(なんていうかわから…

2018年、過小評価されていた、見逃されていた名盤ベスト16

絶対に聴いてもらいたい音楽を厳選して選びました。 去年も同じような記事を作ったが、その反響が予想以上だったのもあり、今年はそれなりに気合いを入れて書いた。(長い) まず初めに、紹介する順に曲が並んでいるプレイリストのリンクを貼っておきます。 …

The 1975 の『A Brief Inquiry into Online Relationships』を徹底調査

今からThe 1975 の「A Brief Inquiry into Online Relationships(ネット上の人間関係についての簡単な調査)」を再生する。一曲ごとに、聴きながら感想を書いていく。初めて聴いた瞬間の感想は二度目聴いた時にもあるとは限らないし、初めて聴いた時の感想…

結局、本人たちですらThe Strokes を越えられない件

ストロークスのサイドプロジェクトを聴くにあたって 新譜レビュー、Albert Hammond Jr. 『Francis Trouble』 新譜レビュー、The Voidz『Virture』 メインはストロークス、忘れない 今世紀で一番のロックバンドは誰だ?って話になったら、君は誰と答えるだろ…

スーパーグラスは砕けない

スーパーグラスについて、語るべき時が来た。 どう言うバンドなのかを説明するところから始めるべきかもしれない。 雑にいえば、ブリットポップムーブメントから躍り出てきた、かなり良いが忘れられがちな、既に解散しているバンドだ。記事のタイトルに砕け…

DYGLのMVを監督したToto Vivianのバンド、Splashhは活動休止前に人知れず完成形を記録していた 。

今年三月に公開されたDYGLのシングルBad Kicks、そのミュージックビデオを監督しているのはSplshhと言うバンドのギタリストだ。Splashhは10年代のインディロックシーンに欠かせないバンドの一つであっただろう。しかし今年6月、無期限の活動休止に入った。素…

Beady Eye の『BE』が好きだ。 

リアム自身のソロアルバムが出て、多方面からリアム側へポジティブな評価が増えている。伝説のバンドBeady Eye、再評価を狙うに絶好の機会だ。今回は評価低めな印象があるBeady Eyeのセカンドアルバム『BE』の魅力を語りたい。

『The Killers 日本にまた来てもらおう』回

東京公演めっちゃ最高だったようで、僕は見てもないのに、余韻に浸っております。 The Killers 大阪公演へ行く予定だったみなさん、誠に御愁傷様です。また、台風やら地震やら度重なる災害の被害を受けた皆さん、いち早く普段の生活を取り戻せるように祈って…

ついに姿を見せた現代シューゲイザーの頂上、KRAUS

夏ももうすぐ終わりですね。フジロックもサマソニも終わり、何となくハリのない日々をお過ごしの方も多いのでは。 今回そんなMy Bloody Valentineロスのあなたに是非聴いていただきたいのが、今世紀始まって以来の天才シューゲイザーKRAUSです。

サマーソニック2018 ライブレポート集

メンバーそれぞれが見たサマソニの感想をまとめて一つの記事にしてみました。 新顔のgreen-david氏のレポートもあるので是非お読みくださいまし。 ミヨシ Nine Inch Nails My Bloody Valentine Mastodon Queens Of The Stone Age 女王蜂 Sparks ENDRECHERI C…

The 1975 の『Music For Cars』を徹底予測(『A Brief Inquiry into Online Relationships』を徹底追跡)

いよいよThe 1975 の3枚目のスタジオアルバム、『Music For Cars』改め『A Brief Inquiry into Online Relationships』のリリースが迫ってきた。10年代のスターThe 1975 は三枚目のアルバムでどのように化けるのだろうか。 今回は今までに解禁された情報とこ…

Snow Patrol について。

あなたは音楽を聴き始めたきっかけを覚えていますか?たとえば、僕の場合だとわりとはっきり音楽が生活の中に入ってきたなって感じた時期を覚えています。今日はそのきっかけとなったバンドについて。 もちろん赤ちゃんの頃も、幼稚園に行ってた頃も、小学生…

フォーテットの原曲食いなリミックス選集

前回はフォーテットがアホな別名義で発表している楽曲たちの紹介をさせてもらった。そこでもちらっと触れたが彼はオリジナルの音楽を作るのと同じくらいリミックスでも有名で、時には原曲に勝るほど素晴らしいようなリミックスをやってしまう。そこで今日は…

フォーテットがアホみたいな別名義で出している楽曲まとめ

今月末に来日を控えたフォーテットについて記事を書こうと思って、どのアルバムを紹介すべきかなど色々考えたのだが、フォーテットのアルバムは全て完璧でどこから聴き始めてもおかしなことにはならない。また、仮に感想を述べるにしてもヤバいとか天才とか…

RIDE、過去が詰まっている音楽

僕がRIDEをしっかり聴き始めたきっかけは、2014年11月の再結成のアナウンスだった。Twitterで周りは皆騒いでいたし、なんとなくお祭り的な気分で、せっかくだからこのブームに乗っかって僕もライドも聴いてみようと言う気持ちになった。そうやって大して構え…

Medicine、狂ったポップミュージック (色褪せないアメリカンシューゲイザーバンド、メディシンについて)

Medicineは超高音でノイジーなギターが特徴的な1990年に結成されたロサンゼルス出身のシューゲイズバンド。1995年に一度解散するも、2002年に再結成し現在も活動中だ。 Medicineのギターサウンドは、90年代前半ひしめき合っていた数多のシューゲイズバンドた…

2017年のポストロック系アルバムお気に入りまとめ

今日は今年気に入ったポストロック系バンドの新譜について書こうと思う。この間のランキング記事では意図的に省いてしまってるので。 とりあえずアルバムとバンドの紹介文、感想をざっと。 Mogwai / Every Country's Sun Hammock / Mysterium Godspeed You! …

2017年新譜ランキング by Merah

今日は2017年新譜アルバムランキングを発表します。 説明 23位から16位 15位から5位 5位から1位 終わりに 説明 毎年何らかの形で僕はTwitterにその年リリースされたアルバムのまとめをツイートしているのだが、今年はせっかくブログを始めたわけだ…

Gengahr、期待のゴーストタイプ新人を早くHCWに呼んで欲しい。with マサヤさん

お久しぶりです。 今回はゲストをお呼びして対談形式で記事をお届けしようと思う。初めての試みです。お客さんは有名人とかではない。ぼくのお友達で特別このバンドに思い入れがある人がいて、是非話を聞きたかったのだ。たまには他の人の意見を組込むのも良…

Temples 来日公演に向けて!火山の国ニッポン万歳!

11月は待ちに待ったテンプルズの来日公演だ。度重なる来日ラッシュに疲れ始めた皆さんには、この記事を公演に向けた起爆剤にして頂けたらと思う。 テンプルズが今までに出したアルバムは2枚、後は5曲程度のB面曲があるのみなのでさっと概要を掴むのは簡単だ…

究極のサイケデリア 『A Rainbow In Curved Air / Terry Riley』

今日紹介するTerry Riley のA Rainbow In Curved Air は普段紹介する音楽とは随分ジャンルが違うが、ジャンルの括りを忘れて聴いて見れば別にそう変わらないようにぼくは思う。サイケロック、ポストロックやシューゲイザー、エレクトロニカが好きな方には気…

Crazy For Slowdive、単独決定おめでとう!(隠れた名盤『ピグマリオン』について。)

スロウダイヴ単独来日公演決定! 僕たちおめでとう、そしてスロウダイヴありがとう! 12月なんて本当にスロウダイヴのライブを観るにこれ以上ないってくらい完璧なタイミングだ。ゴールデンヘアの轟音の残響に揺られながらクリスマス&正月に向かっていくなん…

今話題のルシファーの塔に行ってきた。 『Godspeed You! Black Emperor / Luciferian Towers』

今日はGodspeed You! Black Emperorの紹介と、リリースされたばかりの新しい作品Luciferian Towers の感想を書いていきたい。 このカナダ出身の音楽集団は3人のギタリスト、ドラマーとベーシストが2人ずつ、バイオリニスト、映像作家の計9人からなる。まさか…

「向こう側で会おう」DIIVの現在、再出発

今が嘘をつくのをやめる時だと思う。 みんな、向こう側で会おう。 君たちをずっと愛している、君たちって君のことだって分かってるよね? ありがとう、ベイリー、エド、ダニー、ウィル、アマンダ、そしてお母さん。 ごめんね https://www.instagram.com/p/BQ…

遠い昔ここへ来たことがあるような気がする 『Every Country's Sun / Mogwai』

先月の来日公演での圧倒的なパフォーマンスが記憶に新しいMogwai 、9月1日にリリースされた彼らにとって9作目のとなるスタジオアルバム"Every Country's Sun" について今日は書きたいと思う。 これが基地からの最初の文化紹介というわけでで多少緊張している…