Apollo96

地球の月から文化共有。音楽、映画、文学、旅、幅広い分野を紹介します。時々創作活動も。

地球の月から文化共有。音楽、映画、文学、旅、幅広い分野を紹介します。時々創作活動も。

フォーテットがアホみたいな別名義で出している楽曲まとめ

今月末に来日を控えたフォーテットについて記事を書こうと思って、どのアルバムを紹介すべきかなど色々考えたのだが、フォーテットのアルバムは全て完璧でどこから聴き始めてもおかしなことにはならない。また、仮に感想を述べるにしてもヤバいとか天才とか完璧としか言えないと思う。だから今回はなかなか全貌をつかみづらいフォーテットことキエランヘブデンの別名義での楽曲たちについて紹介したいと思う。

でもまあ、「フォーテットとは誰ぞ?キエランヘブデンは何?」という方もいるだろうしせめて簡単な彼についての説明もここにしておきます。

フォーテット(Four Tet)はキエラン・ヘブデン(Kieran Hebden)という人のソロプロジェクトで、その音楽はIDMとかフォークトロニカとかの電子系のジャンルに分類されることが多い。たくさんアルバムを発表しているがどれもなかなか良くて、一個ハマったら全部聴きたくなるタイプのアーティストではないかなと思う。

僕が彼を知ったきっかけは確かレディオヘッドのトムの発言か何かだとぼんやり記憶している。とにかくトムはめちゃくちゃフォーテットを気に入ってるし、RIDEの面々も去年SNSでフォーテットの新譜についてあれこれ言っていたり、どうもロック界隈からのリスペクトもごつい電子系のアーティストのようだ。

ちなみに彼はリミックスも得意な口で、手掛けるアーティストはなかなかの強者揃い。しかし、その顔ぶれよりも出来上がったリミックス曲のほうが数倍イカついときているので原曲を知らずにリミックス音源を聴いてしまうことはオススメできない。天才の類である彼が、そもそも素晴らしい曲を弄って自分の曲にしてしまっているのだから見る方向次第では原作超えともなってしまうから。

下はフォーテットことキエランヘブデンの写真だ。パッと見て何歳くらいか検討がつくだろうか、僕は実は今日調べてみるまで全然知らなかったから多少驚いた。年齢の概念を弾き飛ばしているというか、不思議な雰囲気の人だ。

とにかく、そんな彼がちょうど去年頃から各種ストリーミング媒体で小出しに別名義で楽曲を発表していて、現時点でアルバム二枚分くらい集まっているのでこれを機に一箇所にまとめておこうと思う。

フォーテットが情報を解禁するごとに随時この記事も更新していくつもりだが、いち早く知りたい方は是非、(ラリっちょな文面な平気なら)彼のTwitterもフォローしてくれたらと思う。

twitter.com

 

 ※大見出しが名義、次の見出しがアルバム名です。アルバム名の横の括弧書き漢数字は発表された日付です。(一部に文字化けをおこす記号が含まれておりやむなく日付表記は漢数字になりました)

 

別名義1:00110100 0101010

0181 (二千十七年八月十八日)

この作品だけは概要もはっきりわかっている。0181は元々はちゃんとフォーテット名義でサウンドクラウドにて2013年にフリーリリースされたコンピレーションアルバムで、収録されている楽曲たちは1997年から2001年の未発表曲だ。

open.spotify.com

ミックステープ的な性質が強く、サウンドクラウドで公開されたものは38分一切区切られていなかった。でも昨年八月にSpotifyでトラックが分けられたものが公開されたのでだいぶ聴きやすくなったかと思う。僕は0005がお気に入り。

このアルバムに関してはよそで日本語でのレビュー記事も書かれているので是非お読みになって↓

RA Reviews: Four Tet - 0181 on Text Records (Album)

 

別名義2:⣎⡇ꉺლ༽இ•̛)ྀ◞ ༎ຶ ༽ৣৢ؞ৢ؞ؖ ꉺლ

ここからが本番。さっきのはまだ数字、まだ読めた。これに関してはもう一切読めない。ლはグルジアアルファベットでL、இはタミルアルファベットでIだそう。よくもまあこんなアホなことを。

世間ではフォーテットの楽曲であると言われてはいるものの、本人は何も言っていないので、もしかしたら別の人の作品をフォーテットが黙ってシェアしているだけということもありうる(が聞いた感じほぼ間違いなくフォーテットの作曲)。とにかく、このグチャグチャ名義が一番活発で、今年三月にも新曲を発表している。

 

.·.·* ́ ̈.·*:・✧๑ඕั ҉,  (二千十七年八月四日)

グチャグチャ名義での最初の曲は川のアートワーク。どうも2016年のコンピRandomsに入っているThe Reservoirのいち部分かなと。Randoms自体が過去にどこかしらでリリースされた曲たちをごった混ぜにしたようなよく分からないコンピで、それぞれ曲の出所も気合い入れて調べないとわからないような有様。The Reservoirの初出は気合いを入れて調べはしたもののよくわからずです。

open.spotify.com

 

・✧(๑ඕัළ*.。 * ̈°。 (二千十七年九月十二日)

こちらのクラゲのやつは二曲収録。どちらの曲もThere Is Love In You にありそうな音のイメージ。これもそうですが、この名義のアーティストの音源は川のやつ以外はバンドキャンプにて投げ銭方式でダウンロードできます。

open.spotify.com

 

 )✧⃛* (二千十七年十一月一日)

この三曲入りのEPがグチャグチャ名義での一番のお気に入りだ。このEPは昨年リリースの最新作であるNew Energy のリリース翌日に公開されている。大概New Energy の没曲だろう。有機的でロックな最新作と同じ方向性の曲が揃っている。最新作が気に入った方はカップリング曲のようなノリで是非聴いてほしい。

open.spotify.com

<h4≯ ̡ ҉ ҉.·๑ඕั ҉ ̸ ̡ ҉ ҉.·๑ඕั ҉ ̸ ̡ ҉ ҉.·๑ඕั ҉ ̸ ̡ ҉ ҉.·๑ඕั ҉ ̸ ̡ ҉ ҉.·๑ඕั ҉ ̸ ̡ ҉ ҉.·๑ඕั ҉ ̸ ̡ ҉ ҉.·๑ඕั ҉,  (二千十八年三月十五日)

 曲の感じはNew Energyっぽいけれど、なんとなく今までのフォーテットと少し音の雰囲気が違う。ひょっとしたら次のアルバムの方向性を探る鍵であったりするのか、しないのか、とりあえずこれが今のフォーテット、2018年最新の曲である。

open.spotify.com

 

別名義3:△▃△▓ 

一個前のアレをグチャグチャ名義と仮称してしまったのでこちらにもニックネームをつけようと思う。カクカク名義でよろしいでしょうか?

カクカク名義の曲は、今のところ常にグチャグチャとセットで同時に公開されている。しかし一緒に出されてはいるものの雰囲気はかなり違う。どれもデモっぽい未完成な風があるというか。

 

░▓░▓░▓░▓░▓░▓░▓░▓░▓░▓░▓░▓░▓ (二千十七年九月十二日)

この作品は聴いていて単純に気持ちが良いミニマル風の作品で、一曲リピートでぼーっと聴くのが僕は好きだ。

open.spotify.com

 

؞ৢ؞ؖ؞ৢ؞ؖ؞ৢ؞ؖ؞ৢ؞ؖ؞ৢ؞ؖ؞ৢ؞ؖ؞ৢ؞ؖ؞ৢ؞ؖ؞ৢ؞ؖ؞ৢ؞ؖ؞ৢ؞ؖ؞ৢ؞ؖ؞ৢ؞ؖ (二千十七年十一月一日)

やはりカクカク名義の曲はグチャグチャ名義の物に比べポップさに欠ける。スタジオアルバムと比べるとすれば、Beautiful Rewind、Ringerあたりに近いものがあると思う。アルバムに入れるとするとパーカッションもつけて、主張強めのボーカルも乗せての提供となるタイプの曲だろう。Aerielなんかがその類だ。

open.spotify.com

 

 

ここまでが大まかな別名義曲のまとめです。でも、やはりフォーテットを聴いたことのない人もいるだろうし、アルバムは何から聴いても間違いはないと言い放つのはあれなので、オススメのアルバムを紹介する代わりと言ってはなんですが、最後に定番のライブ映像のリンクを貼っておきます。

www.youtube.com

 

by Merah