Apollo96

地球の月から文化共有。音楽、映画、文学、旅、幅広い分野を紹介します。時々創作活動も。

地球の月から文化共有。音楽、映画、文学、旅、幅広い分野を紹介します。時々創作活動も。

2017年新譜ランキング by Merah

f:id:Apollo96:20171217213856j:plain

今日は2017年新譜アルバムランキングを発表します。

 

 

 

説明

毎年何らかの形で僕はTwitterにその年リリースされたアルバムのまとめをツイートしているのだが、今年はせっかくブログを始めたわけだし軽く一枚ずつレビューをつけていこうということにした。ちなみにTwitterでアンケートを取ったところランキングにしてくれという声が最も多かったので渋々採用。去年は順位をつけるの何だか気が引けて順不同にしたのだけど、今年は割り切って順位づけです。

最初は公正で皆から共感を得られるランキングを作ろうと思って極力好みとか思い入れとかを排除しながら聴き直していたのだけれど、途中でそれなら大手メディアのランキングを集めてきて平均を取れば良いじゃんねと思ってしまった。だから今年は自分の好みとか思い入れとかそういうのも無視せず素直なランキングを作って、素直な感想を書いていきたいと思う。

(ランキングには今月他の人の年間ベストを見て初めて聴いたバンドは入れていません。聴きこむのが間に合いませんでしたので。)

ランキングは23位からスタートします。どうしても23枚以下に絞れなかったのでキリが悪いですがご勘弁を。

(ポストロックは黙って排除しました。別にランキングを作ります。)

あと感想割と長いのもあるので、読みたくなければシャッシャとスクロールしちゃってください。

 

じゃあせっかくなのでカウントダウン形式で!

プレイリスト作ったんでスポティファイユーザーの方ぜひ聴きながらどうぞ 

open.spotify.com

 

 

 23位から16位

 

 

 

23位 Broken Social Scene / Hug Of Thunder

f:id:Apollo96:20171217210504j:plain

カナダ出身のスーパーグループ、ブロークンソーシャルシーンの6枚目。

今回のアルバム、圧倒的完成度と多幸感を見せつけられて、やはりカナダを象徴するバンドは彼らなんだと確信した。「優しく壮大で幸せなあの感じ」「人数がめちゃくちゃ多くてメンバーの把握が困難」「ポストロックの層も厚い」などという僕の中にあるカナダのイメージを凝縮したようなバンドであり、アルバムである。

今年はアーケイドファイアが一味違っていたので、あっちが気に入らなかった人は是非ブロークンソーシャルシーンを。

youtu.be

 

 

22位 Novella / Change Of State

f:id:Apollo96:20171217210600j:plain

イギリスの男女混成ロックバンド、ノヴェラの2ndアルバム。

ステレオラブっぽい女性ボーカルでちょっとフレンチでオシャレな感じのモダンガールたちのバンド、アー写も可愛らしくて女の子女の子してる。などと前作の印象のまま油断して聴くと足元をすくわれる。

今作ではノイズのヴェールが剥がれた分だけヘヴィーなサイケが前面に押し出され何とも濃い出来上がりになっている。前作はシューゲイズよりでインディーなドリームポップ、今作はじっくり煮詰められたサイケ、これからが本当に楽しみなバンドだ。サイケインディーというよりはむしろストーナーインディなのかもしれない。落ち着くし。

ちなみに今年はRideのサポートアクトにも抜擢されていた。徐々に知名度も上がっているようだしこの調子で躍進してほしい。フジロックのフィールドオブヘヴンで観たい。

www.youtube.com

 

 

21位 Pixx / The Age Of Anxiety

f:id:Apollo96:20171217210637j:plain

ポストグライムスな4ADの新人SSW。ミステリアスなポップミュージック、MGMTの踊れるチューンが好きな人にもオススメ。真新しいものがないと言えば確かにその通りかもしれない。

でも、こんなめっちゃくっちゃ楽しい病みつきになるアルバム、かっこつけて「こんなのただのコピペじゃん」と切り捨てることはできない。

本当にめちゃくちゃ楽しいので早くこれ聴いて雨の中を出かけていきたい。

www.youtube.com

 

 

20位 The Horrors / V

 f:id:Apollo96:20171217210717j:plain

お気に入りの曲はオープニングトラックのHologram、5局目のGhost、もちろんシングル曲たちも完璧だ。常に変化し続けるホラーズのこれからが不安楽しみだ。

www.youtube.com

 

 

19位 Airiel / Molten Young Lovers

f:id:Apollo96:20171217210755j:plain

Airiel は1997年結成、シカゴ出身のバンドだ。シューゲイズファンたちの間でカルト的人気を誇っていて、一部ではとても有名である。(名盤を再発しないとそりゃぁそうなるでしょう)

EP、シングルは小出しにしているようだが、フル尺のアルバムを出すのは何と10年ぶり。

まさに待望の新譜なのである。(きっと極端にアルバムリリースのスパンを大きくしファンを極限まで飢えさせることで、飽きられることを回避しているのだ。)

Airielの音楽の持ち味はどこまでも甘いヴォーカルとそれを包み込むラウドなギター、若いカップルがこれを聴くとやはりアルバムタイトル通りに溶融してしまうだろう。

基本的に、初期シューゲイザーバンドたちの奏でるノイズにはどこか「無理して背伸びして格好をつける冴えない十代であったり、自分をいつまでも子供だと信じ込んでいるイタいお大人」みたいな雰囲気があると僕は思うんだが、

Airielのノイズからは成熟した大人らしさを感じる。色気もある。本当にカッコイイと思う。

始めた頃からやっていることはシンプルで、20年経った今もそれは今も変わらない。きっとこれからもそうなんだろう。

www.youtube.com

 

 

18位 Beach Fossils / Somarsault

f:id:Apollo96:20171217210840j:plain

良さが全くわからないバンド四天王に長らく君臨し続けていたビーチフォッシルズだが、12月になりふと何となくこのアルバムを聴いてみて一気に好きになってしまった。好きになったばかりなのでどういうところが好きなのかまだはっきりとは分からないのだが、晴れた日の午前の外出はよくこれか一つ前のクラッシュザトゥルースを聴いてる。

この音楽を聴いた日は日記のタイトルに青春というに文字を書いてしまいそうになる。

そういえば二曲目のタンジェリン、綺麗な声の女性が歌っているなぁと思っていたら何とslowdiveのレイチェルだった。とても驚いた。

www.youtube.com


 

17位 Secret Shine / There Is Only Now

f:id:Apollo96:20171217210916j:plain

今年はまるで90年初頭のイギリスにタイムスリップしたかのような一年だった。しかし、元祖シューゲイザーの新譜はRideとSlowdive、The Jesus And Mary Chainだけではない。

シークレットシャイン、90年代初頭シューゲイズシーンを支えたバンドの一つがアルバムを出している。

再結成組の新譜が10年代の新しい風を纏ったオリジナルであるのに対し、シークレットシャインの今作はより原始的なシューゲイズ、何も変わらぬとても純粋な轟音と囁きの音楽だ。シューゲイズ好きの方は彼らの所属レーベルの他アーティストも要チェックです。

社会から孤立しようとしたのにネットに依存してしまった大学生、背伸びして格好つけ自分を繕う10代、大人になるのを拒み続けありのまま探し悩む20代、黄昏の青い光に寄せられ恋をして自他を傷つけ続ける若者たち、

このような所謂典型的なシューゲイザー第二世代の皆さんが本当に求めていたものはこのアルバムなのではないだろうか?

www.youtube.com

 

 

16位 Wozniak / Courage Reels

f:id:Apollo96:20171217211028j:plain

スコットランド出身のシューゲイズバンドWozniakの1stアルバム。彼らが演奏するのは凄く不安になるような音楽。荒削りな轟音の中に今にも消えてしまいそうなボーカル、どことなく儚く美しい。何だか凄く寂しくなる音楽で、ちょっと怖いくらい神秘的な印象まである。Slowdiveやコクトーツインズに通ずるところもある。

何ていうか

過疎化した漁村で、廃屋の屋根のトタンがカタカタと潮風に揺れている景色を見ながら聴きたいアルバムとでも形容すればいいのだろうか。有機的な一面にSigur Rosを、混沌とした雰囲気にMogwaiを感じてしまう。

そう、このバンドはかなりポストロックとしての性質が強い。

本人らは自らの音楽を、とても映画的でありながら同時にとてつもなく情熱的だと称している。

めちゃくちゃ暗いのでダメな人は本当にダメだろうが僕はめちゃめちゃ気に入ってるので一人でも多く新しく聴いてくれる人が出てきてくれればといいと思う。

open.spotify.com

 

 

 

 

15位から5位

 

 

 

 

15位 The Killers / Wonderful Wonderful

f:id:Apollo96:20171217211050j:plain

ツアーのメンバー編成が激変!キラーズどうなる!?という風な世論が吹き荒れる中リリースされた今作は初めてアルバムアートワークにお馴染みのドットロゴがあしらわれなかったアルバムである。いつもと何かが違うというのは先行シングルのThe Man を聴いた時点で感じていたことでもあるが。

購入後に電車でブックレットを読んでいて気がついたが、なーんか違うよなという違和感の根源はきっとデビュー当時から在籍していたギタリストであるデイブの不在である。

ブックレットにあるアー写にも一切写っていない上に、ほとんどの曲の作曲、半分の曲のレコーディングに参加していないのだ。これがどちらに転んだかは聴けば分かるはず、デイブには悪いがあの特徴的なギターがなくなったことで一味違う名曲が誕生した。

それはRun For Cover だ。ジャックナイフリーがデイブの代わりにギターを弾いたことであんなに熱苦しい曲がクールにまとまった。

またデイブが参加してる曲を聴けば、やはり彼のギターあってこそのキラーズだと感じてしまうので彼にとっても美味しいと言うことにして良いだろうか。

何せ今限定のキラーズなので、デイブが復帰する前に存分楽しんでおきたい。

www.youtube.com

 

 

14位 Thundercat / Drunk

f:id:Apollo96:20171217211125j:plain

フジロックで見逃してしまった後悔を理由に下半期はめっきり聞かなくなってしまったがとてつもないアルバムだと思う。みんな聴いているので詳しい話は省略。聴けばヤバいと分かるのでまだ聴いていない人は一度でも聴いてみてほしい。長い以外に欠点がない。

www.youtube.com

 

 

13位 (Sandy) Alex G / Rocket

f:id:Apollo96:20171217211150j:plain

これぞまさに音楽だと言いたくなる素晴らしい才能。純粋でシンプルな曲の良さだけにここまで惹かれたのは久しぶりだと思う。シューゲイザーの轟音だとかサイケのぐるぐる感だとか、エレクトロニカの多層的な感じとか、そう言う音にばっかりこだわるタイプの僕がこう言うアーティストに心を打たれると本当に病みついてしまう。好きで好きで堪らない。
DIIVのザカリーコールスミスがアレックス・ジーザスと呼んで崇拝している理由も分かった。エリオットスミスの生まれ変わりか神様かのどちらかだと思う。

www.youtube.com

 

 

12位 Lee Ranaldo / Electric Trim

f:id:Apollo96:20171217211218j:plain

友人に紹介され一聴目で即ハマってしまったのがこのアルバム。ソニックユースよりサーストンムーアのソロの方が好きですよ〜ってタイプの僕だったけど今年はイマイチだったなんて話していたら、ソニックユースもう1人のギタリストのリーラナルドは?って言われて、ソロでアルバム出てるんだ!と聴いてみたらめちゃくちゃ良かった。

オルタナ×ソニックユース(ソニックユースが一つのジャンルだという一般認識をふまえ)って感じの音楽で、現パナ音速もこれくらい太い曲やってよって思った。こういう曲をああいう音でやってくれたらガンガンはまるのに…
おおっと脱線しすぎぃ。とにかくリーレナルドのこのアルバムはアメリカ勢のちょっとなぁピンと来ない最近…って気持ちを全部吹っ飛ばしてくれた最高のアルバムです。

www.youtube.com

 

 

11位 RIDE / Weather Diaries

f:id:Apollo96:20171217211241j:plain

これに関してはたくさん言いたいことがあるので出来れば後日単体で記事を書きたいと思うが、簡単に述べるとスターウォーズEP7のようなアルバムである。遠い過去とこれからのバンドを繋げる音、今後のライドの一つのシンボルになるであろう作品だ。誰も文句言いようのない素晴らしい復活だろう。こんなのも出来るのかって場面もあった。

www.youtube.com

 

 

10位 Steve Hackett /  Night Siren

f:id:Apollo96:20171217211304j:plain

元ジェネシスのギタリスト、ピーターガブリエル時代のジェネシスを支えたスティーブハケットの25枚目のソロアルバム。彼のソロはプログレというよりむしろサイケで、最近のサイケバンドたちが大好きな人には美味しすぎる音楽だと思う。

今作は彼のキャリアの中でも5本の指に入る出来だと感じている。美しいファンタジー世界、幽玄のサイケデリア、テンプルズの祖父が孫に負けまいと出したアルバムと言うところだろうか。

スポティファイから消えてしまったのでプレイリストに入っておりません残念ですが。

www.youtube.com

 

 

9位 Colour Haze / In Her Garden

f:id:Apollo96:20171217211343j:plain

ドイツ、ミュンヘンの出身のストーナーサイケロックバンドのカラーヘイズ、12枚目のスタジオアルバム。このバンドを知ったきっかけはホステスさんのテームインパラ紹介記事。多大な影響を与えたというバンドの羅列にある見慣れないとてつもなくサイケなバンド名、どんなものかと聴いてみればまさにポップさを抜いて少しヘヴィーにしたテームインパラのようなサウンドで即座に恋に落ちた。SNSもロクにしない謎のバンドだがスポティファイのおかげで今作のリリースにすぐ気づくことが出来た。本当に助かった。

今作も当然、テームインパラのライブでの間奏のようなサイケデリックすぎる音楽に太いボーカルが絡みついて極上の音楽に仕上がっている。今までと違い今回はミニマルな音の層が底に敷かれていて、心地よさが増していて良すぎる。音だけでトリップできる。

www.youtube.com

 

 

 8位 Wolf Alice / Visions Of A Life

f:id:Apollo96:20171217211405p:plain

ウルフアリスのセカンドアルバム、見事僕の希望してた方向性でアルバムがリリースされてしまい、こんな事があって良いのかと戸惑った。
ノスタルジーの爆発。あんな短期間でこんな理想通りのアルバム作れるのか!さすがダーティヒットの奇跡その2!!
1stアルバムで全力を出し切って貯金無しの状態でセカンド慌てて作り大滑り&フェードアウトする若手バンド全員が見習うべき、フェードアウトしなかったけどアルバムはイマイチなキャットフィッシュも見習うべき、出来は良いけど毎度時間かけ過ぎてるテンプルズやTOYやホラーズも見習うべき!
イギリスのロックの結晶がただただ順調に成長して、大きく美しくなっていく、このバンドの活躍をわりと始めの方から眺める事ができて幸運だ。

www.youtube.com

 

 

7位 Slowdive / Slowdive

f:id:Apollo96:20171217211430j:plain

スロウダイヴの最新作、このアルバムには掛け替えのない音楽が詰まっている。
ぼくはこのアルバムの音楽を聴いて何度も泣いてしまった。
Star Roving が公開された時、一月、ぼくは京都の友人の家にいた。そこでオンオン泣いていた。それだけあの曲が我々の「期待」そのもののような音楽であったということだ。純粋に音だけに感動して涙を流したのは生まれて初めてだった。
もう一つのシングルSugar For The Pill では曲の出来、slowdiveの進化に感動させられた。slowdiveはただの懐古ではないのだと安心させられた。

待ちに待ったアルバムリリースの日は、Slomoを聴いて予定通り大号泣してしまった。Slomoのスタジオ音源はslowdive史上最高の記録だ。泣かないわけがない。

同じくセルフタイトルのSlowdive EP のような初期衝動、Just For A Dayのごんごん揺れる感じ、スーヴラクのポップさ、ピグマリオンの静寂、解散後のそれぞれのプロジェクトでの成長、再結成して起こった未知の化学反応、そういうのが全部46分に詰まっている。短いアルバム大好きな僕もさすがに好きすぎて、レディオヘッドのTKOL以来に「アルバム短すぎるもっと欲しい」と騒いでしまった。
slowdiveはここで終わりではない、これからもたくさん泣かせてほしい。

www.youtube.com

 

 

 6位 Pete International Airport / Safer With Wolves...

f:id:Apollo96:20171217211539j:plain

『ピートインターナショナルエアポート』このバンドはダンディウォーホルズのギタリストであるピーターホルムストロームのバンドである。
7年ぶりのアルバムである今作は前作同様にド直球のサイケである。
4曲目のフラワーオブイーヴルはボーカル、作詞がブラックレーベルモーターサイクルクラブのロバートだ。ゆっくりとうねるこの曲、誠に素晴らしい。ピーターホルムストロームにこの曲の原案を聞かされたときロバートは「もしこの曲を他の人間に歌わせたらそいつを殺す」と言ったらしい。

なんでこんなに良いバンドが話題にならないのかがさっぱり分からない。どう考えてもダンディーウォーホルズより良い。
とにかく全編純度100パーセントのサイケデリア、本当に素晴らしい。また次のアルバムまでたくさん待たされるのだろうが結構、このアルバムでその時まで食い繋げます。

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

5位から1位

ここからはどれも一番ってくらい大好きです。で、結局順位がつけられませんでした。ごめんなさい。

 

 

1位 Arcade Fire / Everything Now

f:id:Apollo96:20171217211620j:plain

これは今年ぼくを直接勇気付け、直接慰め、奮い立たせたアルバムだ。2017年の精神的柱を担ったアルバムという部門があったなら間違いなく単独一位だ。
ぼくがアーケイドファイアにここまでのめり込んだのは高校2年生の時以来だ。正直ここ3年くらいほぼ全くと言って良いほど聴いていなかった。一切響かなかったから。
正直ずっとアーケイドファイアを聴いても嫌味にしか聴こえなかった。
そんなこと言われても俺は頑張れないし、人生謳歌できません。いつもそう思ってしまって若干引き気味に、ポストロックとかシューゲイザーとかサイケとかそう言う現実逃避系音楽に逃げていた。

しかし今年、皆が酷評している新しいアルバムを恐る恐る聴いてみればめちゃくちゃ綺麗だし壮大だし、何故か色々やる気とか元気とかが出てきて、実際頑張ることも出来た。凄かった本当に。
今までは他人のお祭りだったアーケイドファイアが今作では僕のものだった。Everything Now (Continued) を聞くと何かが始まるような気がしてワクワクする。アーケイドファイアの音楽が生活に寄り添った瞬間どこか人として認められたようにさえ感じた。
この場を借りてエヴリシングナウは、ネオンバイブル以来の傑作だと声を張らさせて頂きたい。
愛している、アーケイドファイア!

www.youtube.com

 

 

 1位 Splashh / Waiting a Lifetime

f:id:Apollo96:20171217211657j:plain

Splashhのセカンドアルバム、Waiting A Lifetime はまさに努力の結晶。
1stアルバムComfortで鮮烈なデビューを果たしたインディロックバンドSplashhは四年もの間イメージチェンジを図ってきた。ファーストアルバムのスタイルに嫌気がさして新しい音を探しているとかつてインタビューで語っていたのを読んで、ちょっと寂しく感じたけどそういう野心的なバンドは偉いと思う!

一度シングルをお披露目した以外は全然試着室から出てこなかったのは本当に焦ったかったけど。
4年かけて何度かスクラップ&ビルドして出来上がった今作で築き上げられたのは、よりロックでパワフルになったSplashhだ。4年も探求したエレクトロニカなど他ジャンルからの要素もふんだんに取り込んだ今作は聴きごたえも十分。そして彼らのアイデンティティである気だるい白昼夢メロディは今作でもぼくの(個人的事情によって引き起こされた)終わらない夏を正当化してくれた。
最高のセカンドアルバムをありがとう。
みなさん彼らにお金を払ってあげてください、もっと売れていいはずです。

www.youtube.com

 

 

1位 Four Tet / New Energy

f:id:Apollo96:20171217211735j:plain

僕の中でフォーテットはトムヨークに並ぶ天才である。
そしてこのアルバムはRoundに次ぐ彼の傑作アルバムかもしれない。エレクトロニカというジャンルから飛び出した今年の最優秀ロックアルバムだと僕は思う。
短めの尺で形のハッキリした曲たちが揃っているので入門にもぴったりかと。

アルバム発売前から収録曲を小出しにしていてどれもクォリティが高かったけど、僕はプラネットを聴いた時これは来そうだなと思った。CDを買うまでストリーミングで聴くまいと決意してCD屋さんへ行ける日が来るまで聴くのを我慢していたけど、本当に期待通りで最高。(せっかく買ったフォーテットのCDを勝手に部屋の掃除した際に捨ててしまった当時の彼女を決して許さない)
Lush やDaughterもポップで楽しいのでオススメ。

www.youtube.com

 

 

1位 James Holden / The Animal Spirits

f:id:Apollo96:20171217211759j:plain

トムヨークも認める凄腕イケメン早熟DJジェームズホールデンがバンドを従えアルバムを作った、それだけで話題性十分な今作。
エレクトロニカの垣根を飛び越えた着地地点に響くのは宇宙である。
有機的な音使いのDJが持ち味の彼、逆にバンドを組んでエレクトロニカらしさが増したと言うか。有機世界を突き進んで大気圏を超えて何もない宇宙の真ん中に落っこちたような感じだ。

ミニマルなシンセサイザーのパターンにリズム隊が絡みこんで行って、金管が動き回って、まるでピアノの代わりにDJを軸にしたジャズクインテットのような感じ、バンドの人たちは即興なのだろうかやはり。まじで宇宙。

ミニマル、クラウトロック、ジャズ、エレクトロニカ、民族音楽、のいいとこ取りアルバムで本当に大好き。瞑想にうってつけの音楽かな。

せっかく今年来日したのに見られなかったのが悔しすぎる。

www.youtube.com

 

 

1位 Temples / Volcano 

f:id:Apollo96:20171217211825j:plain

ありがとうテンプルズ

ケタリング神話第2章、富士山、インド映画の踊り、完全進化でした。

→大まかな感想はこちら

www.youtube.com

 

 

 

終わりに

ここまでがぼくの年間ランキングになります。

一曲ずつ入ったスポティファイのプレイリストをまた下に置いておきますね。スティーブハケットだけなぜかないのでちゃう曲挟んどきます。

みなさんの年間ベストも大いに参考にさせてもらっております。Phoebe Bridgers とかKaitlyn Aurea Smith なんかめちゃくちゃ良いですね。出会うのが遅くて悔しい、でもまあ焦らなくとも来年でも聴けるので。あと魚好きなので金魚のやつ聴いてみたいです早く。

 

まあでもなんだかんだ今年はレディオヘッドのOKNOTOKがグランプリなんじゃないかな

by Merah

 

open.spotify.com